最新セミナー

小型インテリジェントカメラによる AI VISION の実現

エッジコンピューティングにより画像を用いた高度な社会インフラやサービスが実現していく中、高精度な物体認識をリアルタイムで行える小型のインテリジェントカメラの需要が増えています。 本ウェブセミナーでは、Zynq® UltraScale+™ MPSoC を用いた小型インテリジェントカメラ 「Eiger II」(株式会社レグラス製) を元に、さまざまな環境下での画像認識に必須となるISPの考え方と選択の方法、そして、Deep Learning による高精度認識の実現について、事例を交えてお話しします。 本セミナーは、株式会社レグラスと共同で講演しています。

 

TSN is here! 今すぐ使える SoC ソリューションでOPEXを低減かつ生産性を向上

TSN (Time Sensitive Networking) は、産業用オートメーションやインダストリアル IoT の関連業界にとって重要な役割を果たします。このウェブセミナーでは、将来的なニーズに対応できるスケーラブルな TSN エンドポイントを構築するにあたり、できるだけリスクを抑えたコスト効率の高い方法を紹介します。

 

ザイリンクス FPGA / SoC を活用したモーター制御と予防保全の実現

モーターの精密な位置決めの為にリアルタイム性を高めて 1msec 以下のループバック制御をおこなうためには、CPU やマイコンではなく FPGA および Zynq® SoC に制御アルゴリズムを実装することが最善の提案です。最近ではモーターへの予防保全向けに機械学習を用いる手法も実用化されています。 このセミナーでは、モーター制御に FPGA / Zynq SoC を用いるメリットと、機械学習を用いて予防保全を実現する方法について紹介いたします。

 

OpenCV on Zynq: 4K60 高密度オプティカル フローおよびステレオ ビジョンの高速化

このセミナーでは、ザイリンクスの新しいソリューション reVISION™ スタックを用いて、使いなれたツールで、OpenCV をアクセラレーションする方法について高密度オプティカル フローとステレオ ビジョンを中心に説明します。 OpenCV ライブラリは、多くの大手企業やコンピュータビジョン研究者によるアルゴリズムのプロトタイプ作成に広く使用されています。 ザイリンクスデバイスはわずか数ワットの電力で高密度オプティカルフローやステレオビジョンなどの複雑なアルゴリズムで比類のないコンピューティング効率を達成することができます。 しかし、これらの機能を利用するには、従来、ハードウェア設計の専門知識と、Verilog や VHDL などの言語の使用が不可欠でした。 このウェブセミナーでは、ハードウェア向けに調整された OpenCV ライブラリ、使い慣れた C / C ++ 開発環境、および容易に利用可能なハードウェア開発プラットフォームを利用する新しいアプローチを提供します。

 

Arty エンベデッド キットで何かすごいものを作ろう

FPGA の開発ボードやツールは高すぎると感じている設計者の方に、12,900 円という手ごろな価格で簡単に使えるエンベデッド開発キット Arty を紹介します。 このウェブセミナーでは、一般的なエンベデッド開発キットに対する Arty の位置づけArty キットに含まれるもの、開発に使用できるツール、利用可能な設計リソース、加えて、あの Pynq ボードのプロジェクト Arty Z7 で行なう裏技もご披露します! エンベデッド プロセッサ ボードに興味をお持ちで、FPGA デザインを試してみたい方は最適な内容です。

 

Caffe to Zynq: reVISION スタックを使用して 最先端の機械学習の推論を 5 ワット未満で実現

機械学習の研究は、多様なネットワーク アーキテクチャと共に日進月歩で進んでいますが、推論用に最適化されたエンベデッド システムにおいては明確に優位なものは未だ存在しません。 ザイリンクスの Zynq®SoC は、設計者がカスタム ネットワークをハードウェアで作成できるため理想的なデバイスで、SoC と組み込み GPU を上回るワットあたりでの最高性能を達成します。 このウェブ セミナーでは、ザイリンクスの reVISION スタックを使用して Caffe で学習させた CNN (たたみ込みニューラル ネットワーク ) をエンベデッド ビジョン システムへシームレスに実装する方法についてご説明します。

 

Vision with Precision シリーズ:医療用画像処理ソリューション

本セミナーは、ザイリンクスのVision with Precision シリーズの3回目のセミナーです。ここでは、高度な医療用画像処理システムの開発者が直面する重大な課題を提示し、ザイリンクスとアライアンス プログラム メンバーであるトピックス社の開発環境「DYPLO」およびSoM、医療に特化したボード、IPを用いることで、どのようにして医療用画像市場における新しいデザインを素早く簡単に構築できるか説明します。

 

Vision with Precision シリーズ:ビデオ監視システム

本セミナーは、ザイリンクスのVision with Precision シリーズの第2回目のセミナーでビデオ監視システムについて紹介しています。 エンベデッド ビジョンは、今日の技術において最もエキサイティングな分野の1つです。 マシンに私たちの周りの世界を見たり感知したりする能力は、無限の商業機会を作り出します。 このセミナーでは、最先端の監視システムの開発者が直面する重大な課題を、エッジまたはクラウドでリアルタイムの画像処理をローカライズするタイミングを重視して説明します。ザイリンクスのアライアンスプログラムメンバーとともに、IP、開発ツール、リファレンスデザインをどのようにエコシステムを提供しているかを紹介し、お客様がビデオ監視システム市場で新しいデザインに素早く簡単に対応できるようにします。 ザイリンクスのソリューションを使用して、エンベデッド ビジョンで差別化されたシステムを設計する方法を紹介します。

 

Vision with Precision シリーズ:マシン ビジョン向けソリューション

本セミナーは、ザイリンクスのVision with Precision シリーズの第1回目のセミナーです。エンベデッド ビジョン市場は、今もっとも注目されている市場で大きなビジネスチャンスが存在しています。ここでは、アヴネット社のSmarter Vision 開発キット (SVDK) を使用した柔軟でインテリジェントなビジョン処理の使用例、およびSensor to Image 社が開発した、多くの業界標準マシンビジョンのインターフェイスをサポートするコネクティビティIPについてご紹介します。その他、SiliconSoftware社やMVTec社が提供する開発ツール、リファンス デザインを使用して迅速かつ容易にマシンビジョンの市場へ参入できることをご説明いたします。

 

FPGA入門編

FPGA の概要を解説した入門編と、マネージャの方へプログラマブルロジックの必然性をご説明します。

FPGA活用編

FPGAを基盤としたザイリンクス ソリューションで低消費、高機能、低コストなシステム設計手法を紹介します。

FPGA / CPLD 概要編

FPGA 世界トップシェアのザイリンクスの最先端デバイスをご紹介します。